佐賀県理学療法士会について

本会のご紹介

会長挨拶

片渕 宏輔 

 

 

公益社団法人 佐賀県理学療法士会
会長 片渕 宏輔

 

公益社団法人佐賀県理学療法士会のホームページをご閲覧頂き誠にありがとうございます。

本士会の日々の活動におきましては、平素より深いご理解とご協力を賜り心より感謝申し上げます。

このたび公益社団法人佐賀県理学療法士会の第6代会長の任を仰せつかることとなりました片渕宏輔と申します。

本会は昭和55年4月、わずか7名の理学療法士で創立されました。平成13年には社団法人として認可され、平成25年より公益社団法人佐賀県理学療法士会として新たな一歩を踏み出しております。おかげさまで、今年で創立35周年を迎え、現在の会員数は千名を超える大きな組織となりました。その間、我々を取りまく環境の変化にともない、障がい予防や介護予防、健康増進など求められる社会的ニーズも多様化して参りました。

「理学療法士の職業倫理の高揚を図るとともに、理学療法の学術及び技能の向上を推進し、もって県民の医療・保健・福祉の増進に寄与する」という活動理念の下、執行部ならびに会員一同、日々専門的知識・技術の研鑽と、組織としての人材育成に精進しているところでございます。

県民の皆さまのくらしに寄り添い、住み慣れた地域で安心した生活が送れるようにサポートしていく、その一翼を担う職能・学術団体として、関係諸団体と連携を図りながら士会活動を展開して参りたいと思います。

今後とも格段のご理解、ご指導を賜わりますようお願い申し上げます。

 

平成27年7月

活動理念

<活動理念>

理学療法士の職業倫理の高揚を図るとともに、理学療法の学術及び技能の向上を推進し、もって県民の医療・保健・福祉の増進に寄与する

<事業実施の要旨>

理学療法は、理学療法士及び作業療法士法第2条によって「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えるこという」と定義され、理学療法士は、同法第2条第3項によって「厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする者をいう」と定義されている。

理学療法士は、医学的リハビリテーションを担う中核的職種として、高齢化社会の進む本県において社会的役割が増大していることから、県民に対する直接的な理学療法の実施と、理学療法士の資質向上によって、理学療法を通じて県民の医療、保健及び福祉を増進させることを目的として事業を行うものである。

<事業の構成>

当該事業は、次の5つの事業で構成される

  1. (1)理学療法を通じて、県民の医療・保健・福祉の増進に寄与するための事業
  2. (2)理学療法士の職業倫理高揚並びに学術及び技術の向上に関する事業
  3. (3)理学療法士の教育機関に協力し、理学療法士の資質の向上に寄与する事業
  4. (4)関連団体との連携および協力に関する事業
  5. (5)体験活動による理学療法の知識の普及啓発事業

沿革

昭和55年 佐賀県理学療法士会設立  初代会長 副島正道
佐賀県理学療法士会第1回総会
昭和57年 第4回九州地区PT・OT合同研修会を佐賀県にて開催
昭和58年 佐賀リハビリテーション研究会発足
昭和61年 佐賀県医療団体連合会設立
昭和63年 第2代会長 田中耕作
平成 2年 第12回九州地区PT・OT合同学会を佐賀県にて開催
平成 3年 創立10周年記念学術研修会・記念式典
平成 4年 日本公衆衛生協会「公衆衛生事業功労者団体表彰」受賞
平成 5年 第1回佐賀県理学療法士学会開催
第1回佐賀県理学療法士会新人研修会開催
平成 7年 第3代会長 山田道廣
平成 9年 公衆衛生事業功労厚生大臣表彰受賞
平成10年 第20回九州PT・OT合同学会を佐賀県にて開催
平成13年 第36回全国研修会を佐賀県にて開催
社団法人佐賀県理学療法士会設立
創立20周年記念式典
平成14年 第4代会長 溝上昭宏
平成17年 溝上昭宏が日本理学療法士協会九州ブロック会長就任
平成18年 第28回九州PT・OT合同学会を佐賀県にて開催
平成20年 (社)佐賀県理学療法士会事務所開設
平成21年 第5代会長 小栁伸一郎
佐賀県理学療法士連盟立ち上げ
平成22年 創立30周年記念式典
平成25年 公益社団法人佐賀県理学療法士会として発足

佐賀県理学療法士会のロゴマーク

佐賀県理学療法士会ロゴマーク